とんかつのはじっこ

備忘録やら戯言。

Excelでセルの色付けを1発で実行する方法

普段Excelを使っていて、セルの色付けをショートカットキーでする方法がないかなと思うことがある。

実は、色を付けるショートカットキーはない。

でも諦めないで!セルに色を付ける方法は沢山あるんだから。

 

今回はこの表に色を付けるとしよう。

f:id:instery:20180228230944p:plain

 

特定のセルだけ色を付けたい

ある特定の条件のセルを塗りたい場合は、置換を使うとよい。

[ホーム]-[編集]-[検索と選択]-[置換]

から、検索する文字列と置換後の文字列の両方に色を付けたい文字列を入力する。

f:id:instery:20180228231047p:plain

 

オプションを選択し、置換後の文字列の書式に塗りたい色を選択する。

f:id:instery:20180228231328p:plain

 

すべて置換を選択すると、セルの色付けが完了する。

f:id:instery:20180228231454p:plain

 

1セルずつ色付けたい

いや違うんだ!手元の資料やほかの資料と消込をしたくて、色を塗りたいんだ!

いちいちマウスを動かすのは面倒だから、キーボードでかっこよく作業したいのに…という場合は、「直前の作業を繰り返す」を実行すれば良い。

直前の作業を繰り返すキーは

直前の作業を繰り返す:
F4

 

一度セルを塗りつぶした後に、

f:id:instery:20180228234113p:plain

 

 違うセルを選択して F4 を押すと、直前の作業を繰り返すのでセルに色が付く。

f:id:instery:20180228234322p:plain

 

このショートカットキーは、元に戻す(Ctrl+Z)の対となる

 でも同じことができる。

直前の作業を繰り返す:
Ctrl
Y

 

この作業は、セルの書式設定でも繰り返し作業ができるため、色付けのほかに太字や斜体、なども変えることができる。

f:id:instery:20180228235435p:plain

 

まとめ

特定の条件だけセルの色を付ける:

検索する文字列と置換後の文字列を同じにして、オプションから書式を選択する。

1つずつ色を付ける:
直前の作業を繰り返す:
F4
直前の作業を繰り返す:
Ctrl
Y